Thinkpad T470sにArch Linuxいれた

Thinkpad T470sを買いました. おかげでこくたんの残高がめっちゃ減りました.

いままでMacBookProにArchLinuxいれて使ってたのですが, rEFItあたりでおかしくなってる上に,usbのstateがおかしく認識できないなど言われることが多く. このまえのlinux kernelのマイナーアップデートでついにキーボードが使えなくなり(MBPのキーボードはusb接続なのでusbが認識されないとキーボードが叩けない),いい加減MacBookProを捨てようと決断したしだいです.

ちなみにsshを開けておけば,キーボードが死んだArchLinuxでもSSHで復旧できます.

Thinkpad T470sは指紋認証以外はlinuxドライバーがあり便利です.

もうMacBookPro2012以降のwebcamがPCIe接続でドライバーがよくわからんレポジトリしかないみたいに苦労することはありません.やったーっ

https://wiki.archlinux.org/index.php/Lenovo_ThinkPad_T470s

カスタマイズ

メモリーは8GBで買って,秋葉原で買ってきた16GBのメモリー挿して計24GBで人権を確保しました.メモリー安くなったなぁ…

ディスプレイはFullHDです,waylandあたりを使うかしないと真の意味でHiDPI対応できないですしwaylandのWindowManagerがまだいい感じでないのでめんどいし,FullHDでいいやと.

外で使うことが多いのでLTEも突っ込んで,学割も効いて計17万ぐらい.まぁそんなもんでしょう.

インストール

特に変わったこととかはありませんが,以下のような構成です.

  • grub
    • systemd-bootが好き(systemdネイティブ世代なので)だけど頑張っても入らなかったのでgrubを使うことに
  • Xorg + awesome
  • dual boot with Windows
    • windowsをshrinkさせて,recovery領域との間にlinuxを突っ込む.
  • partition
    • /dev/nvme0n1p1 : EFI
    • /dev/nvme0n1p2 : Windows
    • /dev/nvme0n1p3 : Windows
    • /dev/nvme0n1p4 : Windows Recovery
    • /dev/nvme0n1p5 : Linux /
    • /dev/nvme0n1p6 : Linux /data
    • /dev/nvme0n1p7 : Linux /home

詳しい入れ方はドキュメント読もう.

https://wiki.archlinux.org/index.php/Installation_guide

いままでありがとう

これからよろしくねっ

Share Comments
comments powered by Disqus